1〜2年目の新人看護師が転職を成功させる方法

MENU

新人看護師だからといって転職をためらってはいけない

1〜2年で前に働いていた職場が厳しくて離職してしまうというケースは、特に看護師の世界においては当たり前のようにあります。ですから、このような新人看護師でも受け入れてくれる職場は結構あると思ってください。

 

確かに医療機関によっては、短期間で離職をしてしまった前があると、また採用してもすぐに辞めてしまうのではないかと厳しい目で見られることもあります。しかし看護師は全体的に不足している状況は相変わらずなので、売り手市場といえます。このため多少看護師としてのキャリアが不十分だったとしても採用してくれる医療機関はあります。

 

新人看護師の場合、まだアピールできるようなキャリアはないと見た方がいいでしょう。そこで仕事に対するやる気をアピールしてみることが大事です。一回確かに看護師としてのキャリアで躓いてしまったかもしれません。しかしもう一回看護師として仕事をしてみたいという強い気持ちを持っているのであれば、そのことを面接などでPRすることです。

 

新人看護師時代はつらいもの

新人看護師というのは、まだ経験がそれほどある存在ではありません。ですからベテランや中堅の看護師のように動けないでしょうし、ちょっとしたミスを起こす可能性も十分あります。そしてそのたびに先輩からどんどん怒られてしまいます。離職する看護師の中には、怒られ続けることで看護師としての自信を無くしてしまったからという理由を挙げる人もいます。

 

しかし怒られるというのは、実は看護師として今後キャリアを積むために重要な経験であることを忘れないようにしてください。実は看護師として一番恐ろしいといわれているのは、特に失敗を経験することなく中堅クラスまで行ってしまうことなのです。

 

というのも中堅クラスになると、今度は自分が後輩の新人看護師のサポートや指導を行います。この時もし後輩の新人看護師がミスをしたとしても、フォローできなくなってしまうのです。自分にミスの経験がないので、どう動いていいのか自分の中でノウハウがないからです。新人看護師は起こられてナンボであると思った方が、転職に成功しやすいです。

 

転職先のビジョンを持つ「自分はどんな看護師になりたいのか」

新人看護師の面接試験の際にほぼ確実に聞かれる質問の中の一つに、「将来あなたはどのような看護師になりたいですか?」という質問があります。この質問に対して答えるときには、より具体的なビジョンを持っている所をアピールするにはどのような受けごたえをすべきか考えてみてください。

 

たとえば「誰からも愛されるような看護師になりたい」と思っている人は多いはずです。確かにそのような看護師を目指すのも一つのアプローチの仕方ではあります。しかしこのような受けごたえでは、あまりにも抽象的なので面接官の印象にあまり残りません。またほかのだれもがいいそうな答えなので、他に応募している看護師がいれば、ほかの候補に埋もれてしまう可能性があります。

 

そこでより具体的にどのような看護師像を目指していきたいのかを考えてみてください。そしてその看護師になるためには、1年後、3年後自分がどのようになっているべきなのかまで説明できれば、説得力のある回答になるはずです。